左上腹部痛 症状 原因

左上腹部痛の症状と原因

スポンサーリンク

今回は左上腹部痛の症状と原因について話していこうと思います。

腹痛には、痛む箇所によって原因が異なる場合があります。
お腹全体ではなく、左上腹部痛を感じた場合、まずは胃炎や胃潰瘍などの病気が考えられます。
左上のため心臓に近く、場合によっては心臓の痛みと間違える場合もあるので気をつけましょう。
他に、膵炎と呼ばれる膵臓の病気なども考えられます。
いずれにしても腹部に痛みを感じた場合、内臓疾患の可能性が高いので症状が持続する時は早めに専門機関で診てもらってください。
左上腹部痛の原因として考えられる膵炎ですが、症状としては酷い場合背中が痛む事があります。
他に吐き気や熱も発症する可能性があるので、このような症状が出た場合は病院で検査を受けましょう。
早めに発見出来れば、治療する事は可能です。
左上腹部痛を感じた時は、胃腸や膵臓が悪化した可能性が高いため、改善には専門機関での検査が重要になります。
一時的なら鎮痛剤などを使用しても構いませんが、継続する場合は原因を知って、迅速な対応を心がけましょう。
スポンサーリンク

左上腹部痛の対策は、原因によっても異なります。
まずは内科や胃腸科などの専門機関で検査を行い、原因をはっきりさせる事が大切です。
胃炎や胃潰瘍からくる場合、食生活や生活習慣の改善が必要になります。
胃腸に負担をかける物はなるべく摂らないようにし、食べ方も消化されやすいようゆっくり噛んで食べるなどの工夫が必要です。
運動の習慣を増やして胃腸を活発にさせる事も効果があります。
勿論、痛みが酷い場合は安静にしましょう。
他に膵炎からくる場合ですが、膵炎はお酒を飲み過ぎる事で起こるのが一般的です。
毎日飲酒をしている方や、飲む量が多い方は控えるようにしましょう。
病院で検査を受ければ医師が注意をしてくれるので、きちんと指示に従って生活するようにしてください。
早めに原因が分かれば、自分で出来る対策で症状を改善する事が出来ます。
始めは症状が小さくても放置はせず、検査を受けるようにしてください。
大きな病気になる前に改善出来る可能性が高くなります。
以上、左上腹部痛の症状と原因についてでした。

スポンサーリンク