へその右側が痛い 原因 対処法

へその右側が痛い原因と対処法

スポンサーリンク

なんだかお腹の痛みが続いて憂鬱、、、
早くどうにかしたい、、、
でもどうすればいいんだろう、、、
そんな思いにかられていませんか?
この記事を観ればへその右側が痛い原因と対処法が分かり、頭がスッキリし、お腹までスッキリするかもしれません。
しかしこの記事を観なければ、いつまで経ってもへその右側が痛い原因と対処法がわからず、精神的にも肉体的にも疲れ、普通の生活も送れなくなってしまうかもしれません。
まずはなぜへその右側が痛いのでしょうか?
原因を探っていきましょう。
考えられる原因は、何かしらの病気を患っている可能性があるということです。
1、虫垂炎
まずへその右側が痛い時に一番疑われる病気として、虫垂炎が考えられます。
または別名盲腸とも言います。
徐々にチクチクとした痛みが襲ってきます。
熱や吐き気を伴うこともあります。
2、クローン病
あまり聞いた事がないかもしれませんが、このクローン病という可能性も考えられます。

右下腹部に痛みが出ることが多く、下痢や熱を伴い、便の排泄時に血便を伴うこともあります。
また体重が落ちたり、症状が続くと、口内炎を発症することが多いこともこの病気の特徴です。
3、十二指腸潰瘍
十二指腸潰瘍は右上腹部に痛みを感じることが多く、夜間に痛みが現われやすく、また空腹時に痛みを感じることが多いです。
他には、嘔吐や胸焼けの症状も伴うことがあります。
4、胆石症
胆石症は胆道に発症する結石を表したものです。
特徴は夜中や食後に痛みが襲うことです。
胆石ができる場所によって、呼び方が違います。
胆嚢結石、胆管結石、肝内結石があり、一番多いのが約70パーセントの胆嚢結石です。
5、胆嚢炎
この病気の原因の90〜95パーセントは胆嚢結石が起因となっています。
右上腹部の痛みはもちろんのこと、嘔吐や発熱を伴うこともあります。
6、急性肝炎
この病気も右上腹部に痛みを感じることが多く、嘔吐や吐き気、食欲不振、倦怠感が主症状となっています。
他にも、黄疸の症状として、目や皮膚が黄色くなったりする症状が現われることもあります。

スポンサーリンク

次は症状別の対処法について話していきます。
1、鈍痛
鈍痛がある場合は、生理中や胃酸が大量に放出しいていて、胃壁を刺激している可能性があります。
ですので、生理痛であれば、お腹を温めたり、生理痛専門の飲み薬を摂取することによって、痛みの緩和が期待できます。
また胃酸が大量に放出されていて胃酸が濃くなっている可能性がありますので、胃酸を薄めるために、コップ一杯の水でいいので摂取してみて下さい。
胃酸が薄まって痛みが和らぐ可能性があります。
2、下痢
まず確認しておきたいのがどうして下痢が起こるのか?ということです。
下痢が起こるというのは、腸内や胃の中にいる、人体に悪影響を及ぼす細菌などを排出しようとして下痢が発生するのです。
または、腸に元気がなく、消化不良を起こしている可能性です。
ですから、緊急時以外は下痢止めではなく、調整剤を服用するといいでしょう。
また、食欲が無い場合は、スポーツドリンクやウイダーインゼリーのようなもので少しでも栄養を取るようにしましょう。
腸内の環境が良くなってくれば、いつの間にかお腹の痛みは治まっているかもしれません。
3、便秘
便秘でへその右側が痛い場合もあります。
この便秘の原因はいくつかあり、運動不足や水分不足、食べ物が主な原因です。

運動不足を解消するために、ウォーキングをしたり、面倒であれば、お風呂上りにストレッチなんかをするのもお勧めです。
そうすることによって、腸が活発に動くようになり、便通も良くなることでしょう。
あとは特に運動をした後は水分をしっかりと摂取するようにしてください。
また腸の運動を活性化させるために、豆類、ゴボウ、納豆なんかを摂取するといいでしょう。
また発酵食品のキムチや漬物、ヨーグルトを一緒に摂取するとさらに良い効果が期待できます。
4、ウイルス
もしかしたらウイルスによる腹痛かもしれません。
ですから、先ずは病院で検査をしてもらうのが良いでしょう。
そして、効果が期待できる薬を処方してもらいましょう。
また、患ってしまうと脱水症状を引き起こしやすいので、こまめな水分摂取をして下さい。

スポンサーリンク