歩くとお腹が痛い 対処法

歩くとお腹が痛いという方向けの対処法

スポンサーリンク

今回は歩くとお腹が痛いという方向けの対処法というテーマで話していこうと思います。

最近歩くとお腹が痛い症状を訴える人に見られがちな生活習慣があります。
それは、最近明らかにお腹に負担をかけること(前日の過度のアルコール摂取や食べ過ぎ)かもしくは体調不良による腹痛による痛みや重度の便秘(一週間以上お通じが来ていない)等の原因が考えられます。
ですが、歩くだけで腹痛を感じるということは、お腹にかなりの負担がかかっていることを意味します。
ですので、数時間ほど安静にした後(体調不良のぞく)であっても歩くとお腹が痛いという症状を感じるのであればさらに重度の病気に病気を持っている可能性があると疑ってもおかしくありません。
実際に、胃潰瘍や胃がんといったお腹周りにできる腫瘍や胃もたれに関しては、症状の進行が進み、胃や腸への負担が増えていくと、歩くだけでお腹か痛い状況になったりしますのであまり我慢せずにすぐに内科検診でレントゲン等で症状を早期発見してもらう事をオススメします。
しかし、それでも異常が見つからなかった場合にどうするかの対処法を紹介します。
スポンサーリンク

歩くとお腹が痛い症状はお腹に負担がかかっている状態から起こると先ほど説明しましたが、あと一つ違う理由で起きる可能性が考えられます。
それは、ストレスによる腹痛です。
ストレス性の腹痛は胃潰瘍の一歩手前の状態という意味なので、検査でまだ異常がでにくいということで事実自己申告で判明することが多い症状です。
もしも、一歩一歩歩くたびに腹がジンジンするようであるのならばお腹を時計回りになるべく優しくさすりながらゆっくり歩くことが大切です。
逆に一歩一歩の振動でお腹に響かない慢性的な痛みであれば歩くことをただちに中止し、近くのベンチや休憩所、もしなければそのまま道路の端っこに座るなどして痛いが治まるのを待つことがベストな手段です。
もしもそれでなにもなければそのままゆっくり帰宅し、お腹を湯たんぽ等で温めて安静状態にする方法が良いですが、もしもこのまま痛みが続くのであれば、すぐに回りの人に手助けしてもらうか、それもままならない状況であれば救急車を呼んでもらうようにするのが一番最善な手段です。
以上、歩くとお腹が痛いという方向けの対処法でした。

スポンサーリンク