へそ 下 押す 痛い

へその下を押すと痛い原因

スポンサーリンク

今回はへその下を押すと痛い原因というテーマで話していこうと思います。
へその下を押すと痛い原因は一体どんな原因が考えられるのでしょうか?みていきましょう。
へその下を押して痛い時の原因がわかれば、適切な対処ができます。
二、三日で治まる痛みであればそこまで気にする必要はないと思いますが、一週間以上続くような痛みがある場合は注意が必要かもしれません。
食べ物が合わなかった場合、生活が乱れている場合、仕事やスポーツなどの試合での緊張感などでお腹が痛む時があります。
押して痛い場合や、いつもと違う痛みがあると不安になりますよね。
へその下には、腸や膀胱、女性であれば卵巣や子宮、男性であれば前立腺などがあります。
自分でもある程度原因が予想することができれば安心できますし、適切な対処ができますよね。
他にも原因は考えられますので、みていきましょう。
『虫垂炎(盲腸)』
特徴として、痛みが移動する、お腹を押してパッと離すと痛みが強くなる、左を下にして寝ると痛みが増す。
等があります。
発熱や上記のような痛みがある場合は虫垂炎の可能性がありますので、一度内科を受診し先生とよく相談して今後の治療を決めていくのがいいでしょう。
『過敏性腸症候群』
特徴として、便秘や下痢、腹部に違和感、張っている感じ、痛みの種類が色々という特徴があります。
腸や血液検査をしても異常がないにもかかわらず、症状がある場合はこの病気が考えられます。

スポンサーリンク

対策は、腸内にセロトニンが過剰にあることによって腸が異常な働きをしてしまうので、セロトニンを抑えるイボリーという薬が改善に期待できます。
他には、自律神経を乱さないように生活リズムを整えたり、お腹を温めて冷やさないようにすると良いでしょう。
『便秘』
意外と多いのがこの便秘です。
医者に行ったらただの便秘だったっということも…。
しかしあなどれません。
症状はへその下を押すと痛い、お腹にコロコロとしたものを感じる、お腹が張る、などです。
便秘になると、痔になったり、食欲低下が起こることもあります。
対策は水分を多めにとったり、マッサージをしたり、軽い運動をするといいでしょう。
『子宮筋腫・子宮内膜症』
症状の特徴は、へその下を押すと痛い、生理痛が重かったり出血が多い、腰痛、などがあります。
子宮筋腫の場合、お腹を押すとそのしこりを感じる場合があります。
またお腹を押すとお腹だけでは腰も痛みを感じることがあります。
子宮内膜症の場合は月経の時に通常は内膜は排出されるのですが、子宮内膜症の場合は、子宮の以外の部分に内膜が増殖してしまうため、生理が終わっても痛みが継続してある場合があります。
以上、へその下を押すと痛い原因についてでした。

スポンサーリンク