右 下っ腹 痛い 原因

右の下っ腹が痛い原因

スポンサーリンク

今回は右の下っ腹が痛い原因というテーマについて話していこうと思います。
男女共に右の下っ腹が痛い原因はありますが、どんなものが考えられるのでしょうか?
まずは内臓の痛みが考えられます。
右の下っ腹が痛い場合、キリキリ痛むというよりは鈍い鈍痛の場合が多いようです。
お腹全体が痛い場合は、お腹だけに原因があるわけではなく、膀胱や子宮、腸などの臓器に何かしらの原因がある場合があります。
また、ストレスが右の下っ腹が痛い原因になっている場合もあり、特に臓器に原因がないにもかかわらず痛みがある場合は、過敏性腸症候群という病気も疑われます。

スポンサーリンク

神経質な人に発症しやすく、重度になってしまうと登校拒否や出勤ができなくなってしまう場合もあるようです。
女性の場合、女性特有の病気である可能性もあります。
卵巣痛、産後の後陣痛、膀胱炎、月経困難症、子宮内膜症、子宮外妊娠、子宮筋腫、卵管炎・卵巣炎、卵巣腫瘍などが挙げられます。
男性の場合は、前立腺炎、前立腺肥大症、前立腺がんなどが挙げられます。
男女共に考えられる病気として、右の下っ腹が痛い原因は虫垂炎も考えられます。
ジャンプをしたり、前かがみになったりすると痛みが増す場合は虫垂炎の可能性も考えられます。
以上のように男女で、考えられる原因は違いますので、かかる科も異なってきます。
男性の場合は内科でいいと思いますが、女性の場合は婦人系の病気の可能性もありますので選択が難しいでしょう。
しかしまずは内科にいって、診てもらうのが良いでしょう。
食べた後によく少し動いたりするとお腹が痛くなったりしますが、実際は何かしらの病気を抱えている場合もありますので、軽視しないで、なにか違和感を感じたらすぐに病院を受診することをお勧めします。
以上、右の下っ腹が痛い原因についてでした。

スポンサーリンク