夜 お腹 痛い 原因

夜になるとお腹が痛い原因とは?

スポンサーリンク

今回は夜になるとお腹が痛い原因とは?というテーマについて話していこうと思います。
夜になるとお腹が痛い原因とは一体どんな原因なのでしょうか?みていきましょう。
腹痛になる原因は様々ありますが、夜になるとお腹が痛い原因として考えられるのが、過敏性腸症候群という病気です。
この病気は、小腸や大腸には目に見える原因がないにもかかわらず、腹部の症状と便通の異常がみられる病気です。
主な症状は、便秘、下痢、オナラが出やすい、お腹がゴロゴロ鳴る、ガスが多い、お腹の張り、腹痛などの不快感を感じるものです。
このような症状が出る原因として、腸の分泌機能や腸の運動機能の亢進により、便秘や下痢などの諸症状が現われるのではないかと考えられます。

スポンサーリンク

また腸はジュドウ運動という腸が広がったり縮まったりして、消化物を先へと送りこむのですが、その運動が刺激になり、過敏に反応してしまうことによって、普段は刺激に感じないようなものも痛みと認識してしまうのではないかと考えられます。
普段の仕事や学業などで身体的な疲労や緊張や不安にさらに精神的なストレスが加わったりすると、自律神経が乱れ、密接に関係している腸に影響を及ぼすものと考えられています。
対策は以下に記載しておくので、参考にしてみて下さい。
まずは腸内の環境を整えるために、整腸剤を服用してみて下さい。
腸内の環境が悪い方は、症状が治まってくるかもしれません。
下痢や便秘の方は、下痢止めや便秘薬を服用してみてください。
また、普段の食事をあまり気にしていなくて、暴飲暴食気味の人は、気づかないあいだに、油っこい物やアルコール、カフェイン、辛いもの、冷たいものを摂取しすぎている可能性があるため、意識をして普段より少なめに摂取しましょう。
また、ガスが溜まりやすい人は、ガスを解消するような市販薬もありますので、そちらを試してみてください。
これらを試しても、症状が一向に治まらない場合は、一度病院で検査を受けた方が良いでしょう。
以上、夜になるとお腹が痛い原因とは?についてでした。

スポンサーリンク