腹痛 下腹部 鈍痛 原因

下腹部に鈍痛の腹痛を感じる原因

スポンサーリンク

今回は下腹部に鈍痛の腹痛を感じる原因というテーマについて話していこうと思います。
どのような原因で下腹部に鈍痛の腹痛を感じるのでしょうか?みていきましょう。
腹部全体に痛みが生じる場合。
『腸閉塞・腸捻転』
腸閉塞はイレウスとも言われ、腸が塞がってしまっている状態をさします。
腸内に消化不良のものが詰まってしまう病気です。
生まれつき発症しやすい人や腸が癒着を起こしやすい人や脱腸を経験したことがある人が発症しやすいようです。
症状は背中やお腹の痛み、張り、吐き気や嘔吐です。
腸捻転も癒着などにより発症しやすくなっていて、症状も腸閉塞に似ています。
『尿路結石』
尿の中でカルシウムが結晶化して結石になってしまう病気で、尿道・膀胱・尿管・腎臓のどこかに結石ができてしまい、下腹部に激痛が走ったり、血尿が出たりします。
『膀胱炎』
男性より女性の方が発症しやすい病気です。
主な原因は細菌感染によるものです。
血尿、膿尿、排尿時痛、残尿感、頻尿などの症状があります。
放置や悪化してしまうと、尿管炎、腎盂腎炎などの病気に発展してしまいます。

『腹膜炎』
内臓を覆っている腹膜に炎症が起こってしまう病気です。
症状は激しい腹痛が多いですが、併発している病気によっては吐き気などの症状も訴えることがあります。
腹部の一部に痛みが生じる場合。
『腸炎』
ウイルスや細菌などによって腸が炎症してしまう病気です。
風邪や暴飲暴食などによっても発症します。
症状は発熱や下痢、吐き気、脱水症状、血便と多岐にわたります。

スポンサーリンク

『食中毒』
原因は、自然有害物質、化学物質、原虫、ウイルス、細菌のいずれかになります。
症状は、血便、倦怠感、発熱、嘔吐、腹痛などです。
『潰瘍性大腸炎』
原因がまだはっきりと分かっているわけではないのですが、有力説として自己免疫疾患の一つであると考えられています。
自分の大腸の粘膜を攻撃してしまい、炎症をびらんを発生させてしまいます。
他には食事、ストレス、遺伝的な要素ある可能性が考えられます。
悪化すると大腸がんに発展したり、大腸を取る手術を行わないといけない場合もあります。
『過敏性腸症候群』
腸に特に異常がないにもかかわらず、腹痛や下痢や便秘を発症する病気です。
若年層に発症しやすく、女性の方が発症しやすい傾向があります。
原因は、消化管の運動異常や過敏、心理的な要素の三つが考えられます。
『大腸憩室症』
大腸の周りには憩室という袋状に飛び出た部分があるのですが、そこに便が溜まったりして炎症を起こしてしまう病気です。
老化によって腸内の圧力に耐えられなくなったりすることで発症することもあるようです。
症状は無症状のこともありますが、腹痛や血便を伴うことがあります。

『大腸がん』
ガンの中でも最近増加傾向のある病気で、女性では死亡率一位で、男性も肺がんに次いで二位の病気です。
ただ、この病気も初期症状がほとんどなく、痛みが発生している頃にはだいぶ症状が進んでいる場合もあります。
ですので、定期的な健康診断や人間ドックを年に一回は受けるようにした方が良いでしょう。
以上、下腹部に鈍痛の腹痛を感じる原因についてでした。

スポンサーリンク