腹痛 横になると治る 原因

腹痛で横になると治る原因とは?

スポンサーリンク

今回は腹痛で横になると治る原因とは?というテーマについて話していこうと思います。
腹痛で横になると治る原因とは一体どんな原因なのでしょうか?みていきましょう。
腹痛で横になると治る原因には、主にある働きが関わっていることが考えられます。
その働きとは、交感神経と副交感神経と呼ばれるものの働きによって起こることが考えられます。
交感神経は活動をする時に優位になり、副交感神経は休める時に優位になる神経です。
人間の身体はとても繊細で、絶妙なバランスを保ちながら活動しています。
活動している時は筋肉などの細胞が働くようになっていて、休んでいる時は内蔵の働きが活発になるようにできています。
また血液の流れも似たような働きをします。
活動をしている時は働いている手足の筋肉に血液が流れ込みますし、休んでいる時は内蔵系の筋肉に血液が流れるようになっています。
一つこの腹痛になってしまう原因として考えられるのが、血流の供給が少なくて、内臓の働きが悪くなり、腹痛を起こすということが考えられます。

スポンサーリンク

つまり、活動をしている時は手や足に血液が使われて、内蔵に血液が不足している状態と考えられます。
ですから、昼間の身体が働いている時は腹痛が起きるけど、横になって休むと治るという現象が起きるのです。
横になって休まなくても、リラックスをすることによって副交感神経が優位になり、血液も内臓にきちんと運ばれれば、痛みがなくなる場合も十分考えられます。
さらにリラックス効果を高めるのにはポイントがあります。
副交感神経の働きが強くなるのは、やはり睡眠時の睡眠が深い時です。
ですから、深い睡眠をとれるようにしてあげればいいのです。
そのためには、部屋の暗さを適切な暗さにして、音がしないような環境にして寝ることです。
しかし、人によって少し明るめや微音のBGMが流れている方が深い眠りにつける方もいらっしゃるので、そこは個人で試してみてください。
後は内臓は温めることによって働きがよくなります。
逆に内臓を冷やすと活動が低下します。
腸の温度が一度下がるだけで免疫力が30%も低下をしてしまいますので、お腹はなるべく温めるようにしてください。
ですので、普段から少し温かめの飲み物を摂取することをお勧めします。
腹痛の原因はこれだけではない場合も多くあります。
他に考えられる主な原因は便秘が挙げられます。
便秘は運動不足、不摂生などが考えられますので、軽い運動や食物繊維が豊富に含まれている食べ物を多く摂取したり、自分でお腹を時計回りにさすったりすることも効果的です。
また、ないかしらの病気の可能性も考えられますので、痛みが長引く場合はなるべく早く病院を受診することをお勧めします。

以上、腹痛で横になると治る原因とは?についてでした。

スポンサーリンク