右下腹部 鈍痛 女性

女性の右下腹部の鈍痛の原因とは?

スポンサーリンク

今回は女性の右下腹部の鈍痛の原因とは?というテーマについて話していこうと思います。
女性の右下腹部の鈍痛の原因とは一体どんな原因が考えられるのでしょうか?みていきましょう。
腹痛と言っても、痛み方など種類は様々です。
チクチク痛むようなものもあれば、刺したように強烈な痛みのするものやズーンとした鈍い痛み、また痛みというより違和感を感じる場合もあるでしょう。
痛みの場所や種類である程度原因や病気が把握することが可能ですが、それはしっかりとお医者による問診や検査を受けるまではわかりません。
女性であれば生理痛というものがありますが、人によってはほとんど痛みを感じない人もいれば、お腹を抱えて寝ていないといられない人まで様々です。
人それぞれだからといって諦める必要もありません。
本当に生理痛であれば、痛みを和らげる生理痛専門の薬も薬局などで市販されているものもありますので、そういったものを使用すると良いでしょう。
しかし、いつもと痛みが違う場合や違和感を感じる場合はすぐに病院へ行くことをお勧めします。
毎回同じ場所が痛む場合はそこに何かしらの異常が起きている可能性が高いので、なおさら病院に行くべきでしょう。

スポンサーリンク

下腹部痛で女性の場合は、女性特有の病気である可能性があります。
これは病気ではないのですが、左右の下腹部が交互に痛む場合は排卵痛ということもありえます。
この痛みも薬によって和らげることは可能です。
女性の右下腹部の鈍痛といっても、右下腹部といっても、人体は厚みがあり、レントゲンや超音波などで検査をしてみないと詳しいことはわからないことが多いです。
他にも、血液検査や尿検査があります。
レントゲンはすぐ終わりますが超音波は時間がかかる検査なので、超音波の検査をする際は時間の確保を忘れないようにしましょう。
そして女性の右下腹部の鈍痛の原因として考えられるのは、左右に臓器がある腎臓や卵巣が考えられます。
他には意外と考えられる原因として便秘があります。
排便がない人は思い当たることも多いですが、一応少しでも出ている場合は考えつかないことがあります。
便秘が起きると、その便が腐敗し、ガスを発生させます。
そのガスが腸を圧迫して鈍痛を引き起こすこともあります。
考えられる原因はいくつかありますので、症状が長引く場合はすぐに病院で検査を受けることをお勧めします。
以上、女性の右下腹部の鈍痛の原因とは?についてでした。

スポンサーリンク