左下腹部 痛み 下痢 原因

左下腹部の痛みや下痢を伴う原因

スポンサーリンク

今回は左下腹部の痛みや下痢を伴う原因というテーマについて話していこいうと思います。
左下腹部の痛みや下痢を伴う原因は一体どんな原因があるのでしょうか?みていきましょう。
まず、腹痛が起きる場合、ガスが溜まっている可能性があります。
そのメカニズムは、大腸の内側に、食物のカスの便が残ってしまっていたり、腸管壁の粘膜に食物のカスが便として排出されず付着したままの状態が続くと、体温で温められたその食物カスが腐敗や発酵を起こして、腐敗ガスや時に毒を発生してしまうことがあります。
夏場などの暑い場所に、牛乳を放置してしてしまうと、腐ったような感じになると思いますが、それがあなたのお腹の中で起こっていると考えてください。
それはお腹を壊したり、下痢をすると思いませんか?
この汚れてしまった腸内ではガスは行き場をなくし、下腹部の痛みやぽっこりお腹、腹部膨満感、食欲不振、お腹がゴロゴロ鳴る、悪臭のおなら、などの症状が現われます。
さらにその行き場をなくしたガスは、腸管内から血液に吸収されるため、血液が汚れてしまいます。

スポンサーリンク

血液が汚れて汗をかくと、臭い汗が発生し、体臭の原因にもあります。
また、逆に便秘症状を訴えることもあります。
そして、発生したガスを解毒するために、肝臓が働くのですが、疲弊してしまい、全身の疲労感、倦怠感といった症状も現われるようになります。
また血液が汚れていますので、肌荒れ、吹き出物、冷え性なども現われることもあるでしょう。
以上のように、腐敗した食物がガスを発生し、そのガスが腸やお腹を圧迫し、腹痛や下痢を引き起こしています。
そして行き場をなくしたガスが血液に吸収されてしまい、血液が汚れ、それが各種の症状に繋がっていると考えられます。
左下腹部は肛門に近い部分であり、ガスが溜まりやすい場所でもあるため、可能性が高いと考えられます。
しかし他にも、腸炎、大腸憩室炎、潰瘍性大腸炎、大腸がん、膀胱炎、卵巣嚢腫などの病気も考えられますので、いつもと違ったり、違和感や症状が長引く場合は、専門の医療機関を受診しましょう。
以上、左下腹部の痛みや下痢を伴う原因についてでした。

スポンサーリンク