へそ 周り 押す 痛い 原因

おへそ周りを押すと痛い原因とは?

スポンサーリンク

今回はおへそ周りを押すと痛い原因とは?というテーマについて話していこうと思います。
おへそ周りを押すと痛い原因とは一体どんな原因が考えられるのでしょうか?みていきましょう。
おへそ周りを押すと痛いのは、病気とかではなく、単に内臓の機能低下が原因の可能性があります。
内臓の機能低下が起こると、下痢や便秘を引き起こします。
便秘は老廃物が腸の中に溜まっている状態です。
この状態では血管や神経を圧迫してしまうので、少し押しただけでも痛みを感じます。
また、その老廃物からガスが発生し、さらにお腹の圧を高めてしまい、さらに痛くなってしまいます。
また、精神的なストレスなどがたまると過敏性腸症候群という病気にもなってしまう可能性があります。
これも腸の機能低下を招きます。
また痛む場所によっても原因が異なってきます。

スポンサーリンク

上腹部が痛い場合は、慢性・急性胃炎、胃潰瘍、膵炎、十二指腸潰瘍、胃がん等が考えられます。
右上腹部が痛い場合は、胆石症、胆嚢炎、肝炎、肝硬変、十二指腸潰瘍、肝臓がん。
右下腹部が痛い場合は、虫垂炎(盲腸)、卵巣腫瘍。
左上腹部が痛い場合は、膵炎、胃炎、すい臓がん、大腸がん。
左下腹部が痛い場合は、卵巣腫瘍、潰瘍性大腸炎、大腸憩室炎。
下腹部が痛い場合は、腸炎、膀胱炎、腸閉塞、尿膜管遺残症、子宮内膜症、前立腺がん。
お腹全体が痛い場合は、腹膜炎、クローン病。
などが考えられます。
このように少し挙げただけでも相当な原因が考えられますので、なにか異常を感じた時はすぐに病院へ行くことをお勧めします。
以上のように、便秘や下痢は特に病気ではなくても、おへそ周りを押すと痛い原因となるとこもありますし、腸の炎症やがんでも痛くなることがありますので、病院で検査を受けるのが怖いとしても、はやめに病院で検査を受けることが一番重要となります。
以上、おへそ周りを押すと痛い原因とは?についてでした。

スポンサーリンク