食後 腹痛 下腹部

食後の腹痛はみぞおちや下腹部など場所によって原因も異なる

スポンサーリンク

今回は食後の腹痛はみぞおちや下腹部など場所によって原因も異なるというテーマで話していこうと思います。

急なお腹の痛みというのは困るものですが、食後に感じる腹痛の場合は胃に原因である場合があります。
おへその上辺りにあるみぞおち付近が痛いという場合には、胃や十二指腸に問題があることが多いのです。
食後にもっとも多く見られるのは消化不良による腹痛です。
人間は食べ物を食べると胃の中で消化を行いますが、食べ過ぎてしまったり消化が良くない食べ物を食べた場合にはうまく消化することが出来ない場合があります。
そういった場合に引き起こされるのが胃痛です。
これを防ぐには、出来るだけ胃に負担をかけないような食事を心がける必要があります。
野菜を出来るだけ多く食べるようにして消化の良い食事に切り替えることが大切です。
ゆっくりと食事をするようにすることで胃にかかる負担を大きく減らすことが出来ます。
また、食事中の水分摂取には注意が必要です。
過剰に水分を摂取してしまうと胃液が薄まってしまうので消化不良を起こしやすくなってしまうのです。
食後に腹痛が起こりやすいという人は、今一度自分の食生活を見直すことが大切です。
スポンサーリンク

腹痛の中でも下腹部に痛みを感じるという場合には原因は胃ではなく腸にある可能性があります。
おへそを中心として上の部分のみぞおち付近の痛みは胃に原因があり、下の部分である下腹部は腸にその原因があることが多いのです。
下腹部に突然痛みを感じてしまい、それが徐々に強くなるようであれば虫垂炎の疑いがあります。
吐き気や嘔吐といった症状も見られることがあり、もし虫垂炎であれば病院で治療が必要となります。
場合によっては手術が必要になることもありますので、出来るだけ早く病院を受診する必要があります。
虫垂炎と同じように急に痛みを感じて下痢や嘔吐を引き起こす場合には急性腸炎を疑う必要があります。
下痢や嘔吐で体内から大量の水分が失われるので、脱水症状にならないように水分補給をすることが大切です。
他にも下腹部の腹痛は膀胱炎や大腸がんなど様々な病気が疑われますので、出来るだけ早めに病院で一度きちんと検査を受けることが重要です。
以上、食後の腹痛はみぞおちや下腹部など場所によって原因も異なるでした。

スポンサーリンク