腸 押す 痛い 原因

腸を押すと痛い原因とは?

スポンサーリンク

今回は腸を押すと痛い原因とは?というテーマについて話していこうと思います。
腸を押すと痛い原因とは一体どんな原因が考えられるのでしょうか?みていきましょう。
腸を押すと痛い原因は様々考えられます。
普段から痛みがあり、慢性的な身体になっているが、そのまま生活してしまっている人もいれば、何かの病気になっていて、根本的に治療をして治さないといけないケースなど様々です。
まず、可能性として一番考えられるのは、腸にガスが溜まっている可能性です。
ガスは溜まりやすい体質の人や緊張をする場面を多く経験する人の場合唾を飲み込む際に空気も一緒に飲み込んでしまい、自然と空気を溜めている人もいます。
また、特に女性に多いのですが、仕事中でなかなかおならをすることができなくて、我慢をして腸にガスを溜めているパターンです。
これが腸を押すと痛い原因になっている可能性もあります。
ガスはゲップやおならとして出ますが、我慢をしているとガスが腸から吸収をされて身体に悪影響を及ぼしてしまいますので、なるべくガスは出すようにしましょう。

スポンサーリンク

お腹に溜まったガスは内側から腸を圧迫するので、外から少し押しただけでも痛みを発することがあります。
ですので、なるべく小休憩をとってトイレでおならをするとか、誰も居ないところに移動してすると良いでしょう。
市販のガスに対する薬も販売されていますので、そちらも使うことによってガスを抑えることができます。
上手に使っていきましょう。
また、原因がガスではないケースもあります。
風邪など、腸にウイルスが感染してしまっている場合もあります。
風邪の場合通常は1〜2週間程度で治りますが、それ以上続く場合は他の病気の可能性も考えられますので、早めに病院を受診した方が良いでしょう。
他の可能性として、過敏性腸症候群、腸閉塞、大腸憩室炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸がんなどの大病も考えられますので、大事にいたらないようにするためにも、いつもと違う違和感を感じたら、病院で先生に診てもらった方が良いでしょう。
以上、腸を押すと痛い原因とは?についてでした。

スポンサーリンク