便秘 腹痛 場所

便秘?腹痛の場所によって原因が分かる?

スポンサーリンク

今回は便秘?腹痛の場所によって原因が分かる?というテーマについて話していこうと思います。
腹痛の場所によって、ある程度、内臓のどの部分が傷んでいるのかを判断することが可能です。
しかしあくまで参考程度にするといいでしょう。
便秘の痛みは左下腹の痛みであることが多いです。
最後便が溜まるのが大腸の下行結腸やS状結腸と呼ばれるところなので、左下腹の腹痛の時は便秘の可能性が高いでしょう。
また、過敏性腸症候群でも左下腹が痛むことがあります。
右下腹が痛む場合は、盲腸の可能性が高いでしょう。
しかしそれだけではないので注意が必要です。
また、下腹部の右左どちらが痛んでもおかしくない病気がいくつかあります。
腸で言えば、大腸がん、クローン病、潰瘍性大腸炎などが挙げられます。

スポンサーリンク

尿道に問題があれば尿管結石、女性の場合は卵巣系の病気も考えられます。
また、下腹部がいたい場合は、便は最後直腸という場所を通るのですが、そこに便が溜まっていることで腹痛を起こすこともあります。
他には膀胱炎や子宮系の病気でも痛くなります。
男性の場合は前立腺系の病気でも痛くなることがあります。
左の脇腹が痛い場合、左の脇腹辺りには下行結腸という大腸の部分があり、そこに便が溜まって痛みを起こしている場合もあります。
そのあたりは腎臓もありますので、腎臓系の病気の可能性も否定できません。
便を出したり、おならをしてガスが出て痛みが消えれば問題はないと思いますが、意外と怖い病気も多く油断はできません。
国指定の難病の潰瘍性大腸炎やクローン病の可能性もありますので甘く見ないほうが良いでしょう。
他にも腸炎や腸閉塞、急性腹膜炎、などの可能性もありますので、普段とちょっと違うなと思ったら、すぐに病院へ行くことをお勧めします。
早期発見早期治療の方が当然治る可能性も高まります。
以上、便秘?腹痛の場所によって原因が分かる?についてでした。

スポンサーリンク