へそ 左 痛み 原因

へその左の痛みは何が原因?

スポンサーリンク

今回はへその左の痛みは何が原因?というテーマで話していこうと思います。
へその左の痛みは何が原因なのでしょうか?みていきましょう。
もしかしてあなたはへその左側の痛みがあって困っていませんか?
へその右が痛む場合は盲腸などの可能性もありますが、へその左側が傷む場合はどんな原因が考えられるのでしょう?
へその左の痛みが起こるのは、お腹の左側の臓器に問題があることが考えられます。
お腹の左には胃、すい臓、腎臓、尿管、小腸、大腸、卵巣などがあります。
このどこかに問題があることが考えられます。
また、その痛みの種類や痛み方などによっても判別がしやすくなりますのでみていきましょう。

スポンサーリンク

ズキズキやシクシク痛んだり、断続的な痛み、持続的な痛みなどがあります。
断続的に痛むのは胃、小腸、大腸、尿管などには平滑筋があり、この筋が収縮を起こすときに痛みが生じると考えられます。
持続的な痛みは、卵巣、腎臓、膵臓に問題があることが考えられます。
また他には、痛みが移動する場合は尿管結石、ストレスが過剰にかかっている場合は過敏性腸症候群の病気が疑われます。
しかし、これらだけで病気を診断することは難しいので、あくまで診断の目安程度に考えていた方が良いでしょう。
下痢を伴う場合は腸炎、血尿がある場合は腎結石、左の腰痛は膵炎や腎結石、熱がある場合は膵炎・腸炎・大腸憩室炎・腎結石、アルコールを摂取しえいる場合は膵炎、痛む場所に湿疹がある場合は帯状疱疹などの可能性も考えられます。
この他にも、膀胱炎を繰り返す場合は、腎う腎炎、便やガスが出ない場合は腸閉塞なども考えられます。
他には、胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、卵巣のう腫などの重症な病気もありますので、違和感を感じたら、まずは病院にいくことをお勧めします。
以上、へその左の痛みは何が原因?についてでした。

スポンサーリンク