へそ 左 痛み

へその左側の痛みは起こりやすい

スポンサーリンク

あなたはへその左側の痛みは起こりやすいと思っていますか?

そして今まさにへその左側の痛みがあるのではないでしょうか?
へその左側に痛みがあるという場合は、痛みの他に起きている症状で何が原因であるかを判断します。
左腹部の痛みは、基本的には重大な病気である可能性はあまりないといわれています。
へその左側には大腸があるので痛みは大腸からきていることが多く、過長結腸症(大腸が標準よりとても長い)や内臓下垂になっている人がへその左側に痛みを感じることが多いそうです。
胃腸に優しい消化の良い食事を意識することで改善が期待でき、内臓下垂の場合は腹筋も関係しているので適度な運動をして腹筋を鍛えることで改善できます。
腸の病気にはS状結腸や下行結腸などがありますが、これら病気が原因で痛くなることは稀であるといわれています。
痛いと頻繁に感じる人は、腸の構造・食事・便秘などが関係していることが多いです。
腸の構造は変えられないので、こういう体質という感じで受け入れてうまく付き合っていくことが大切です。
食事を気を付け、生活習慣全体も見直すとより良くなります。
スポンサーリンク

便秘は原因がたくさんありますが、一般的に多いのは運動不足・食生活・ストレスなどです。
女性の方が便秘になりやすいのはもともとの筋肉量の違いによるものなので、男性よりも女性の方が意識して運動を行う必要があると思います。
健康面で全般的に効果があるのはウォーキングですが、外に出たくないとかめんどくさいという方はながら運動がオススメです。
つま先立ちで家の中を歩いたり、料理をしたりすると何かをやりながら筋肉が鍛えられるので楽です。
つま先立ちだと脚を鍛えるイメージがあるかと思いますが、腹筋も使うので腹筋も鍛えられます。
へその左側が痛い時は病気の可能性は低いのですが、下痢を伴う場合は食中毒・急性大腸炎・赤痢の可能性があります。
食中毒は毒となったものが排出されることで解消しますが、急性大腸炎や赤痢は細菌感染が原因なので、食中毒以上に適切な対応が必要です。
病院へ行って診てもらってから、服薬などの治療をちゃんと行いましょう。
また、卵巣・卵管・心臓が原因であることもあるので、念のために検査を受けてみると良いと思います。
以上、へその左側の痛みは起こりやすいという話でした。

スポンサーリンク