左下 腹部 押す 痛い

左下腹部押すと痛い原因とは?

スポンサーリンク

今回は左下腹部押すと痛い原因とは?というテーマで話していこうと思います。
左下腹部押すと痛い原因とは一体どんな原因が考えられるのでしょうか?みていきましょう。
お腹の痛みと言っても、全体的に痛いものや部分的に痛むもの様々ありますよね。
単なる腹痛なのか、それとも病気の兆候なのか、、、
左下腹部押すと痛い原因として考えられるのが、大腸に問題があったり、婦人科系、膵臓に問題がある場合が考えられます。
そして一番ありがちなのが便秘。
便秘だからと言ってあなどってはいけません。
三日以上便秘が続いていて、腹痛がある場合は、便秘が原因である可能性が非常に高いです。
便が溜まると押したときにしこりのように感じることがあります。
便秘の原因は、ストレス、生活習慣の乱れ、食生活の乱れ(食物繊維、水をしっかりとっているか?)などが考えられます。
便秘で左下腹部押すと痛い場合は、水分補給、上半身をひねる運動、お腹を時計回りにさする、お腹を湯たんぽなどで温める方法が有効です。
しかし、痛みが続く場合は他の病気の可能性も考えられますので、一度病院で検査をした方が良いでしょう。

スポンサーリンク

他には急性・慢性膵炎が考えられます。
吐き気や背中を叩くとお腹に響く痛み、上腹部を押すと痛みがある場合は考えられます。
これは特にお酒を飲む機会が多い方は注意が必要です。
また腎臓結石などの可能性もあります。
血尿や尿が出にくかったり、脂汗が出るような痛み、下腹部に痛みがあったりその痛みが移動する。
などの特徴があります。
また、女性の場合は婦人科系の病気で、卵巣のう腫などの病気の可能性もあります。
卵巣は左右対になっていますので、左側に違和感を感じたら、左の卵巣に問題がある可能性があります。
お腹は張っているけど痩せてくる、生理周期で痛みが強くなる、違和感やしこりがある。
などの症状があれば可能性が高いでしょう。
また、内膜症の場合、本来生成される場所でない場所に生成されてしまうため、それが卵巣のう腫となってしまい、押すと痛みを生じることがあります。
また、卵管がねじれて、卵管茎捻転を起こすと、意識が飛ぶほどの痛みを伴い緊急の手術をしないといけない場合もあります。
以上、左下腹部押すと痛い原因とは?についてでした。

スポンサーリンク