左 下腹 痛み チクチク 原因

左下腹部のチクチクとした痛みの原因

スポンサーリンク

今回は左下腹部のチクチクとした痛みの原因というテーマで話していこうと思います。
痛みと言っても、どんな痛みなのでしょうか?様々ありますよね。
突然起こるのか?徐々に痛みが増すのか?
また痛みの種類も違うでしょう。
チクチク、ズキズキ、しびれ、ズーンとした痛み、押すと痛い、激痛、一定の周期で痛くなる。
では、左下腹部のチクチクとした痛みの原因はどんなものが考えられるのでしょうか?みていきましょう。
『食中毒』
主にサルモネラ菌などの感染で腹痛が起こる場合があります。
鶏卵にいることが多く、潜伏期間は半日〜二日間ぐらいです。
『S状結腸・下行結腸憩室炎』
大腸の壁が飛び出ている部分を憩室と言い、この部分に便がつまり炎症を起こすと発症します。
食生活の欧米化が進んでいるためか増加傾向にあります。
中高年や便秘気味の人に多くみられます。
軽度な運動や食物繊維豊富な食べ物を摂取したり、水分を多めにとると予防につながります。

スポンサーリンク

『大腸がん』
大腸がんの場合初期症状はほとんどなく、進行してくると貧血やしこり、腹痛を感じることがあります。
肛門付近の大腸で発症した場合は、比較的早く出血がみられることもあります。
カルシウムやビタミンD、緑黄色野菜などをバランスよく摂取して、毎日一時間程度の運動と週一回ぐらいの少し激しめの運動をすると良いでしょう。
太陽を浴びるのもポイントです。
『左尿管結石』
尿管は左右に一つずつあり、左が痛い場合はこの病気の可能性があります。
またこの病気は男性に多い病気とされています。
痛みは徐々に広がっていき、症状は数時間で治まりますが、比較的痛みは強いです。
脂汗をかいたり、冷や汗がでたりします。
他にも腸炎、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、などの可能性も考えられます。
男性の場合は『前立腺炎』などの可能性もあります。
女性の場合は『子宮内膜症』『骨盤腹膜炎』『子宮筋腫』などの可能性もあります。
症状が続く場合は、専門の医療機関の受診をお勧めします。
科は、内科、泌尿器科、婦人科のいずれかを受診すると良いでしょう。
また、症状は詳しく伝えた方が医者も判断がしやすいので、症状をメモにとるとより正確な診断ができるでしょう。

以上、左下腹部のチクチクとした痛みの原因についてでした。

スポンサーリンク