へそ 左 痛い

へその左が痛いのはなんで?

スポンサーリンク

今回はへその左が痛いのはなんで?というテーマで話していこうと思います。
へその左が痛いのはなんでなのでしょうか?
あなたはへその左が痛いのはなんで?と悩んでいるかもしれませんね。
普段感じたことのない痛みなら、なおさら不安ですよね。
しかし、へその左が痛い原因の多くは便秘のことが多いです。
ただ、注意しないとけないのは、ただの便秘ではなく大腸がんの可能性もあるということです。
大腸がんであれば、他には体重減少や血便などの症状も伴うことが多いです。
間欠的に痛むのは、腸は蠕動運動をして便を排出しようとしますので、腸が動いているときに痛みが発生していると考えられます。
また、テネスムスといって、便意が頻繁にあるにもかかわらず、実際排便すると少量しか出ない場合などもあります。
他にも痛みが間欠的であるのは、尿路結石も考えられます。

スポンサーリンク

また、この場合は、痛みが相当激しく、背中も痛くなります。
背中を叩くと、痛みが響くのも特徴です。
他にも、腎臓結石、腎梗塞、腎臓ガンなどの可能性もあります。
他には、腸炎もあります。
原因は主に細菌やウイルスがあり、代表的なものは、サルモネラ菌、ロタウイルス、ノロウイルスなどが有名です。
過敏性腸症候群というものもあり、これは小腸や大腸には異常はみられないのですが、腹痛を訴えたりする病気です。
多くの場合、ストレスが関係しているようです。
痛みの特徴はチクチクとしたもので、下痢や便秘を伴います。
他には、大腸憩室症や腸閉塞などの可能性も考えられます。
症状がすぐに治まれば良いのですが、長期間続く場合は重篤な病気の場合もありますので、一度病院に行って診察を受けた方が良いでしょう。
以上、へその左が痛いのはなんで?についてでした。

スポンサーリンク