へそ 周り 痛い 原因 対策

へそ周りが痛い原因と対策

スポンサーリンク

今回はへそ周りが痛い原因と対策というテーマで話していこうと思います。
まず、へその周りが痛い原因として考えられるのは、『過敏性腸症候群』という病気があります。
『過敏性腸症候群』とは、小腸や大腸に特に異常が見られないのに、腹部の症状や便通に異常があるものをいいます。
具体的な症状はおならがでやすくなったり、お腹がゴロゴロ鳴ったり、お腹が張ったり、腹痛があります。
この病気の原因ですが、腸の分泌機能が亢進状態となって、腸の運動機能が亢進し、便秘や下痢も起こる可能性があります。
また、腸の運動の刺激に対して過敏に感じるため、普通は痛みに感じないようなものも痛みを感じてしまうことがあります。
へそ周りが痛くなる原因は、肉体的な疲労や緊張による精神的な疲労に、自律神経などの乱れやストレスが溜まってくると発症することがあります。

スポンサーリンク

ではへそ周りが痛い場合、どのような対策をしていけば良いのでしょうか?
それぞれの症状によって変える必要があります。
まずは調整剤というものを試してみてください。
調整剤には腸内の環境を整える効果がありますので、症状の改善が期待できます。
また便秘や下痢の症状がある場合は、下痢止めや便秘薬を試してみてください。
腸にガスが溜まるような場合は、ガスピタンという市販薬もありますので、試してみてください。
食事にも気をつける必要があります。
辛いもの、油っこい物は控えるようにし、冷たいものやカフェインが含まれているような飲み物も控えるようにしてください。
これらの対策をすることで症状は治まってくるのではないでしょうか。
症状が治まらない場合は、一度病院を受診することをお勧めします。
以上、へそ周りが痛い原因と対策についてでした。

スポンサーリンク