右下 腹部 押す 痛い

右下腹部を押すと痛い原因とは?

スポンサーリンク

今回は右下腹部を押すと痛い原因とは?というテーマで話していこうと思います。
あなたは現在右下腹部を押すと痛い症状に悩まされているのかもしれませんね。
右下腹部を押すと痛い原因は様々な原因が考えられます。
特に胃や腸にストレスが現われやすい方は、腹痛を訴えることが多くなるでしょう。
病気によっては、自然に治るものも多いですが、長い間続く場合や吐き気や熱が出る場合は一度病院で診察を受けた方が良いでしょう。
右下腹部を押すと痛い場合は、消化器科や内科を受診します。
そして右下腹部を押すと痛い原因はいくつかあります。
右下腹部を押すと痛い原因として考えられるのは盲腸の可能性があります。
別名虫垂炎と言ったりもします。
盲腸はいきなり痛くなりますし、相当痛みが強いので、緊急の手術になるケースが非常に多いです。
手術をすれば治りますが、我慢をして長い間そのままにしておくと、腹膜炎を起こす可能性もありますので、注意が必要です。
また、盲腸が破裂すると他の病気の原因にもなることがありますので、早めの対処をお勧めします。

スポンサーリンク

また、初期で軽症の場合は手術をしないで、薬で治る場合もありますので、やはり早めに病院に行くことをお勧めします。
そして、女性で右下腹部を押すと痛い場合、女性特有の病気である可能性があります。
卵巣嚢腫茎捻転や卵管炎という病気の可能性があり、これもかなりの痛みを伴います。
また、妊娠をしている場合は、子宮の外に妊娠をしてしまう子宮外妊娠である場合もありますので、右下腹部を押すと痛い場合は産婦人科を受診するのが良いでしょう。
また、生理の場合も右下腹部を押すと痛い場合もあります。
生理は個人差が多く、特に体調が悪い時は痛みやすいことも多いです。
また、生理の時とは違うような出血がみられた場合は、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮頸がんなども疑われますので、病院の受診をお勧めします。
薬等で抑えられる右下腹部を押すと痛い場合はそれほど心配をする必要はないと思いますが、なかなか治らない場合は悪化させないためにも、早めに病院を受診した方が良いでしょう。
以上、右下腹部を押すと痛い原因とは?についてでした。

スポンサーリンク