下っ腹が痛い 便秘 可能性

下っ腹が痛い場合は便秘の可能性があります

スポンサーリンク

今回は下っ腹が痛い場合は便秘の可能性がありますというテーマについて話していこうと思います。

腹痛と一言でいうと、どういった痛みを思い出すでしょうか。
きりきりするような痛みや、突き刺すような痛み、チクチクとするような痛みなど、それこそ人によっても症状によっても様々です。
では下っ腹が痛いというような場合に考えられるのはどのような症状があるのでしょうか。
下っ腹にある臓器は、主に腸です。
ここが痛いという場合には、ガスがたまっているということが一番に考えられます。
下っ腹が痛いという際には、おならがたまってしまい、便秘になっている為なかなか外にガスが出ないということがあります。
もちろん下っ腹が痛いということでほかの症状がある場合もありますので、便秘ではないというような場合には、そのほかの病気ということも考えられますので、あまりに長く症状が続いているという際には医療機関を受診することが健康のためにも必要になります。
便秘の場合は、腸の中で便が固まってしまっているということで、排出する際にもとても痛みを伴うということがあり得ます。
スポンサーリンク

できるだけ、腸に便を貯めこまないということがおならを貯めないで、お腹の痛みを作らないという方法ともなりますので、積極的に水分を摂取したり、また運動や食生活の改善ということに目を向けていくことが大切になります。
体を布団などに横たえた際に、指の腹で下腹、主に左の腰骨の横あたりを触ってみましょう。
そこに固いものを感じたら、便がたまっているという事が考えられます。
腸にため込んでしまうと、古い便が悪臭を発するので、おならもくさくなりますし、体調も悪くなります。
早め早めにそういった状況を改善して行くというように心がけていくことで、お腹の痛みを引き起こすことも少なくなります。
下っ腹が痛い時にはおなかを優しくマッサージしてみましょう。
おへその下あたりからのの字に、手のひらでゆっくりとお腹を触ってあげることで、腸の運動を促進してあげられることもあります。
便秘薬を使ってお腹のつまりを取るという方法もありますが、それよりもやはり食事、運動が大切です。
以上、下っ腹が痛い場合は便秘の可能性がありますについてでした。

スポンサーリンク