横になるとお腹が痛い 症状

横になるとお腹が痛い時の症状

スポンサーリンク

食べた後横になるとお腹が痛い、と感じる事があります。
これは食べ過ぎが原因で起こる場合と、食道の病気が原因で起こる場合が考えられるので注意が必要です。
腹痛を起こした後、横になると楽になるという意見もありますが、横になる事で胃腸が圧迫され、更に症状を悪化させてしまう事もあります。
楽になるなら横になっても構いませんが、辛い時は自分の楽な姿勢を取るようにしましょう。
また腹痛と同時に強い吐き気や胸焼けなどが起こる場合は、食道炎の可能性もあるので、症状が続く場合は早めに医療機関を受診しましょう。
食道炎が原因の症状は、主に年齢が上の方に多く見られます。
若い方には少ない症状ですが、横になるとお腹が痛いため、寝る時に腹痛を感じて眠れなくなるという事になります。
睡眠不足も起こしかねないので、症状が現れた場合はきちんと専門医に診てもらう事が大切です。
早い段階なら治療も可能なので、調子がおかしいなと感じたら自分で判断せず、検査を受けるようにしましょう。
スポンサーリンク

横になるとお腹が痛い、という症状で一般的なのが食べ過ぎです。
正確には食べ過ぎてお腹が痛いため横になり、胃腸が圧迫され更に痛みが増すという事になります。
この場合の対策として、まずは横になるのではなく自分の楽な姿勢を取ってください。
次に掌をお腹にあて、時計と逆回りに優しく撫でると痛みが和らぐ場合があります。
また、腹痛を感じた時には食べる物にも注意が必要です。
コーヒーなどの刺激物や油っこい食事は控えてください。
食べ過ぎによる腹痛は胃腸が荒れるために起こる症状です。
胃腸に刺激を与えないように、お粥を食べたり無糖の紅茶を飲むなどの対策が必要です。
梅干しを1粒食べる事で、胃腸の荒れを改善する働きもあるのでおすすめです。
腹痛と同時に下痢や吐き気を催した時は、水分補給を欠かさないようにしましょう。
冷たい飲み物ではなく、温かい紅茶やお茶を飲むようにすれば身体も冷えません。
このような対策でも改善されない場合は、食道や胃腸の病気も考えられるので、医療機関で検査を行うようにしてください。

以上、横になるとお腹が痛い時の症状についてでした。

スポンサーリンク