腹痛 続く 原因不明 原因 対策

原因不明の腹痛が続く原因や対策

スポンサーリンク

今回は原因不明の腹痛が続く原因や対策というテーマについて話していこうと思います。

腹痛は日常的に起こりうるものです。
風邪などの体調不良、お酒の飲みすぎ、食べ過ぎ、ホルモンバランスの乱れによる生理痛や月経前症候群や更年期障害、ストレス、何らかの胃腸疾患などが原因となるものは、その原因が解消されれば自ずと痛みも消えていきますが、中には原因不明の腹痛が続くというものもあります。
それが過敏性腸症候群です。
過敏性腸症候群は、胃カメラ、大腸内視鏡、腹部エコー、レントゲン、血液検査などの検査を行っても全く異常が見られないのに、腹痛、下痢、便秘などの症状が長期的に続くという原因不明の疾患です。
患者は30〜40代の若い世代に多く、男性の場合は下痢の症状を引き起こす割合が高く、女性の場合は便秘を引き起こす割合が高いという特徴があります。
先進国に多く見られる疾患であるという特徴もあります。
原因不明の疾患とされていますが、不安や緊張やストレスなどの精神的な作用が大きく関係していると見られています。
スポンサーリンク

過敏性腸症候群の治療は、心理療法、食事療法、薬物療法などが用いられます。
症状に合った市販薬を用いるのもおすすめです。
下痢が続く場合は下痢止めを選び、便秘が続く場合は便秘薬を選びます。
過敏性腸症候群の症状は突然あらわれることがあるので、薬はそんなときの強い味方となります。
そして、精神的なストレスなどが症状を悪化させてしまいますので、リフレッシュできる趣味やリラックスできる癒しを生活の中に取り入れたり睡眠時間をたっぷりと確保したりなどを心がけて自律神経の乱れを整えるということも大切です。
気持ちを穏やかに保ちましょう。
食事は、栄養価が高くて消化が良いものを選んで腸に負担をかけないことが大切です。
低脂肪の低残渣食を意識しましょう。
不溶性の食物繊維がたくさん含まれている食材やアルコールやカフェインや香辛料などは腸に刺激を与えてしまい症状の悪化につながってしまうことがありますので注意が必要です。
生活習慣を見直して症状の改善と予防に努めましょう。
以上、原因不明の腹痛が続く原因や対策についてでした。

スポンサーリンク