流産 腹痛 どんな痛み

流産の前兆となる腹痛はどんな痛みか

スポンサーリンク

今回は流産の前兆となる腹痛はどんな痛みかというテーマについて話していこうと思います。

流産とは、妊娠22週未満に何らかの原因で赤ちゃんが母体の外に出てしまう事を言います。
その発生率は、妊娠全体の約10〜15%程度で、そのうちの8割以上が妊娠12週までの初期のうちに起こっています。
初期流産の主な原因は赤ちゃんの染色体異常であることが多く、母体側の責任ではありません。
つまり、大半はもともと育つことが難しい受精卵だったということが多いのです。
一方で、12週以降になると母体側に原因がある確率が増えてきます。
その原因としては、子宮の奇形や子宮筋腫等、子宮のトラブルによるものや免疫的な因子、血液の凝固障害などがあります。
過度のストレスや激しい運動なども原因となるため、無理をし過ぎないように気を付けましょう。
もし流産しても「たまたま」という事がほとんどです。
しかし、2回以上流産を繰り返した場合は、不育症の検査を受けることをおすすめします。
22週目からは、赤ちゃんが生まれてきたとしても医療体制が整っていれば育てられる可能性は高まりますので、特に妊娠初期の段階は注意が必要です。
スポンサーリンク

流産のサインになるのは、出血と腹痛です。
どんな出血が続くのか、どんな痛みを伴うのかをまとめていますのでチェックしておきましょう。
まず、出血の多くは胎盤になる組織の周囲からのもので、ダラダラと出血が続いたり、量が多かったり、鮮血が続くと言った症状が見られます。
赤ちゃんの心拍が確認されていれば一安心ですが、それでも12週までは慎重に経過を見ていかなければなりません。
13週を過ぎていれば、出産まで無事に妊娠を継続出来ることが多いです。
次に、腹痛はどんな痛みを伴うかというと、お腹が単に突っ張るような感じではなく、特に下腹部に痛みを感じることが多いと言われています。
腹痛が5分間隔、10分間隔というように周期的にやってくる場合はすぐに病院に行くことをおすすめします。
これらのサインを早めに気付くことである程度は流産を防ぐことが出来ます。
どんな出血が続くのか、どんな痛みを伴うか事前に理解しておくこと、また日頃から身体を冷やさないように、リラックスして過ごすように心掛け決して無理をしないことが大切です。
以上、流産の前兆となる腹痛はどんな痛みかについてでした。

スポンサーリンク