生理 4日前 腹痛 症状

生理1週間前から4日前の腹痛や様々な症状について

スポンサーリンク

今回は生理1週間前から4日前の腹痛や様々な症状について話していこうと思います。

生理は女性にしかない特有の症状であります。
ですので非常に辛いです。
特に生理1週間前になるとPMS症状が強くなることがあります。
PMS症状とは、月経前症候群のことであり、精神的にも身体的にも様々な症状がでるのが特徴であります。
身体的には、体がだるくなったり、寝不足になったり、疲れやすくなったりします。
また、腹痛がでたりすることもあるので注意が必要であります。
精神的には、イライラしたり、怒りっぽくなったりすることがあります。
こういったことがPMS症状という症状になります。
ですので、生理1週間前はできるだけ体を休めることが重要であると考えられます。
特に4日前になると体が生理の準備に入るため子宮が下に下がった感じになったり、体が浮腫んだり、お腹が張って腹痛が起きたり、便秘になったりと様々な不調がでます。
ですので4日前からは特に注意が必要です。
では、こういった症状を少しでも抑えるためにはどのように対策をしたら良いのかを説明していきたいと思います。
スポンサーリンク

まず、自身の生理を正確に把握するために基礎体温を付けることが重要であります。
基礎体温を付ければいつ生理が来るのかなどをしっかり把握できるためその症状に備えることが可能であります。
また、2週間前から、少しずつ生活リズムを整えていくことも重要であります。
例えば、食生活をバランスよくしたり、大豆製品を多くとるなどといったことも意識すると良いと思います。
また、4日前くらいからは、アルコールやカフェインといった刺激の強いものはできるだけ控えることも良いとされています。
それから、睡眠もしっかりととると良いでしょう。
特により夜の10時から夜中の2時までの間に寝るとホルモンのバランスが良くなるといわれています。
こういったことをしても症状が辛い場合は漢方などに頼るのも良いでしょう。
また、腹痛がひどいときは市販の薬を服用したりすることも良いと思います。
しかしあまりにもひどい時はもしかしたら別の病気が隠れていることもあるので病院を受診することが良いでしょう。
以上、生理1週間前から4日前の腹痛や様々な症状についてでした。

スポンサーリンク