排卵後 腹痛 続く 原因 対策

排卵後から続く腹痛の原因と対策

スポンサーリンク

今回は排卵後から続く腹痛の原因と対策というテーマについて話していこうと思います。

生理にかかわる女性ホルモンは生理後〜排卵期前に分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)、排卵期〜生理までの黄体期に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)です。
黄体期はPMS症状が起きる時期で、自律神経のバランスが不安定になりやすい特徴があります。
排卵後から起きる腹痛はこの時期と重なります。
生理中に分泌されるプロスタグランジンというホルモンがあります。
子宮内膜から分泌されて子宮収縮を促し、経血を体外へ排出する生理に欠かせないホルモンです。
ですが、痛みを感じやすくさせる作用と炎症を引き起こす作用もあります。
分泌量が多いと頭痛・腹痛・下腹部痛・だるさ・吐き気といった症状を悪化させてしまうこともあり、胃腸障害にも関係するので排卵後から続く腹痛とかかわりがあるとされています。
分泌量が少ないほど生理にかかわる痛みを感じにくい傾向があるため、生理痛がひどい時はプロスタグランジンの分泌を抑える薬が処方されることもあります。
スポンサーリンク

腹痛の改善はPMS症状の改善と結びついています。
自律神経が乱れがちになると、夜型に偏ったり生活リズムが崩れやすい状態に陥ります。
この時期は決まった時間に起床・就寝するなど意識して心身のバランス維持に努めることが重要です。
ストレスは上手に発散して三食決まった時間に摂るよう心がけて、睡眠時間を十分に確保しましょう。
排卵後は体が重く感じやすい時期ですが、血液の流れが滞ることで腹痛や腰痛も起きやすくなります。
冷やさない対策と軽い運動を取り入れていきましょう。
これらの日常生活の見直し、セルフケアだけでは症状が改善せず、以前のまま続く場合は婦人科での治療をおすすめします。
専門機関では腹痛の痛み止めだけでなく、このような体質を改善するために漢方薬や低容量ピルを使った投薬治療があります。
毎回、生理が始まれば収まっていくものと放置せず、一定期間続く痛みの原因を自分で把握するのは大事なことです。
場合によっては子宮内膜症や子宮筋腫といった可能性もありますので、痛みが続くようであれば、ぜひ一度専門機関を受診しましょう。
以上、排卵後から続く腹痛の原因と対策についてでした。

スポンサーリンク