右下腹部 つるような痛み 放置

右下腹部のつるような痛みは放置しない

スポンサーリンク

今回は右下腹部のつるような痛みは放置しないというテーマで話をしていこうと思います。

右下腹部のつるような痛みは、大人であれば我慢することもできます。
しかし、あまりにも頻繁に痛みが続いたり、痛みの程度がひどくなってきたりした場合には、早急に病院を受診した方がいいかもしれません。
と言うのも、右下腹部の痛みは盲腸の可能性もあるからです。
昔から、右下腹部が痛い時は盲腸を疑った方がいいと言われるくらい、よくある症状と言えます。
誰でも盲腸を発症することはあるものです。
下痢などの腹痛とは違って、つるような痛みを感じることから、このような場合には盲腸を疑うべきです。
もちろん、何でもないこともあります。
単純にお腹を壊していただけということもありますが、盲腸は放置していると危険がともなうこともあります。
また、我慢していることでだんだん冷や汗が出たり、顔色が真っ青になってきたりすることもあるため、周囲の人たちも状態をよく見ることが大切です。
自力で病院に行けるようであれば、胃腸科や泌尿器科などを受診することになります。
スポンサーリンク

右下腹部のつるような痛みと言うと盲腸が一般的ですが、女性の場合、もう一つの病気を疑った方がいいかもしれません。
子宮や卵巣などに異常が見られることもあるからです。
右側の卵巣が腫れてしまうなどの子宮内膜症も考えられます。
また、妊娠中の人もこのような状態になることがあるので、女性はまず、婦人科を受診することをお勧めします。
内診や様々な検査によって婦人科系の病気ではないことが分かれば、今度は胃腸科や泌尿器科というように、別の科を受診することになります。
それから、女性は生理痛が激しくなることで、このような症状を起こすこともあります。
元々、生理痛が重く、生理の度に右下腹部のつるような痛みに襲われるという人は、一度、婦人科で検査を受けてみた方がいいかもしれません。
婦人科系の病気が見つかることもあるからです。
特に卵巣が腫れている場合には放置していると破裂することもあります。
早急に治療もしくは外科的手術が必要になります。
以上、右下腹部のつるような痛みは放置しないについてでした。

スポンサーリンク