腹痛 へそ上 注意

腹痛があってへそ上が特に痛む場合は要注意です

スポンサーリンク

今回は腹痛があってへそ上が特に痛む場合は要注意ですというテーマで話していこうと思います。

腹痛にも色々な種類があり、どの部分が痛むか、あるいはどのような痛み方をするかで、どの病気であるかが判断できます。
たとえばみぞおちの辺りが痛む時は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の可能性があります。
また、盲腸炎も最初はみぞおち付近が痛むことがあり、段々病状が進んでくるとへそ上からへそのあたり、特に体の右側が強く痛むようになります。
それからへそ上の部分の腹痛は、胆嚢や肝臓、そして膵臓の病気が考えられます。
腹痛に加えて背中が痛む場合は、膵臓や胆嚢の病気の疑いが強くなります。
また痛み方も様々で、胆嚢の場合は差し込むような痛みが特徴であるのに対し、膵臓の場合は痛みに個人差があり、痛みがごく軽い人もいれば、我慢できないほど激しく痛むという人もいます。
肝臓の場合は黄疸や発熱が見られることが多いので、へそ上の痛みがひどく激しい、あるいは発熱などを伴うような時は、すぐに内科や消化器科のある病院に行って、検査をしてもらうことをお勧めします。
スポンサーリンク

それからへそより下の部分が痛む時は、潰瘍性大腸炎、尿路結石、あるいは膀胱炎などが疑われます。
特に尿路結石の場合は、七転八倒するほどの痛みが急に起こることがしばしばありますので、このような時は救急車を呼ぶといいでしょう。
また盲腸炎を放っておくと腹膜炎になり、この時もかなりの腹痛があります。
生命にかかわることもありますので、盲腸炎のような症状が見られる時は、何はさておいても、すぐ病院に行くようにしましょう。
腹痛を避けるには暴飲暴食を避け、腹部を冷やさないことが一番です。
また、ストレスをためることで、内臓にそれが影響することもありますので、ためこまないための工夫も大事です。
また、腹部を温めることにより痛みが和らぐこともありますが、盲腸炎などの炎症がある場合は、かえって悪化してしまいます。
まずその腹痛の原因が何であるのかを考え、特に発熱や激痛がある場合は、自己流で治そうとせずに、必ず病院に行って診断してもらうようにしましょう。
以上、腹痛があってへそ上が特に痛む場合は要注意ですについてでした。

スポンサーリンク