左下腹部痛み 腰痛 病気

腰痛と左下腹部痛みから考えられる病気

スポンサーリンク

今回は腰痛と左下腹部痛みから考えられる病気というテーマについて話していこうと思います。

左下腹部には、腸に代表されるように人体に重要な臓器が存在しており、女性であれば子宮や卵巣が存在しています。
女性の方で、左下腹部痛みと腰痛の症状がある場合に考えられる病気として、子宮筋腫が挙げられます。
子宮筋腫とは、子宮筋層内の平滑筋に発生する腫瘍であり、女性ホルモンのエストロゲンによって大きくなってしまう良性の腫瘍となります。
子宮筋腫の腫瘍の大きさは、米粒程度のものから数十センチになるものまであり、1カ所だけではなく数カ所に発生する場合もあります。
おもな症状としては、左下腹部痛み、腰痛、月経血の増加や月経期間が通常より長い、貧血、膨満感などが挙げられます。
子宮筋腫は、実は40代の女性の4人に1人が罹患している病気となります。
そもそも子宮は筋肉でできており、筋肉の細胞が繁殖しすぎることが原因でできた腫瘍を子宮筋腫と呼びます。
腫瘍自体は、前述しましたように良性ですので害はありません。
ただし、腫瘍が大きくなると、ほかの臓器を圧迫するようになり、左下腹部痛みや腰痛などの症状が現れるようになります。
スポンサーリンク

前述しました子宮筋腫の症状は、腫瘍ができる箇所によって強く表れる症状が異なります。
腫瘍の場所によっては、便秘になったり頻尿、腰痛がかなりひどい、月経にレバーのような血が混ざるなどという症状が出現します。
さらに、妊娠しにくくなったり、流産しやすくなるリスクが高くなります。
子宮筋腫の治療法については、薬物療法と手術療法という2つの治療法が存在します。
自覚症状がない場合には、腫瘍の成長度合いや症状を経過観察するようになります。
症状がひどく、腫瘍が大きい場合には、薬物療法によって症状を軽減したり、腫瘍を成長させないようにします。
しかし、薬物療法の効果が認められない場合には、子宮筋腫を摘出する手術が選択されるようになります。
また、妊娠を希望する場合にも、手術療法が選択されます。
子宮筋腫は良性腫瘍となりますので、見つかったとしても過剰に反応する必要はないのですが、妊娠を希望する場合には影響がありますので、医師と相談されることをおすすめします。
以上、腰痛と左下腹部痛みから考えられる病気についてでした。

スポンサーリンク