右上腹部痛みチクチク 原因 対策

右上腹部痛みチクチクする原因と対策

スポンサーリンク

今回は右上腹部痛みチクチクする原因と対策について話していこうと思います。

右上腹部痛みチクチクするような場合は、多くの場合は病気とは関係なく数日で治まることが多いです。
最も多いのが、便秘によるもので酷い便秘でなくても1日2日排便がないような場合は便が詰まって痛みを感じることがあります。
また、ガスが溜まっていることでも腸が膨らむことで右上腹部痛みチクチクすることがあります。
女性の場合であれば、卵巣に炎症が起きているような状態の時も周辺の臓器にも影響を与えることがあるため下腹部に問題があっても上腹部に痛みがあるように感じることもあります。
それ以外の右上腹部痛みチクチクする場合は病気の可能性も考えられます。
2日や3日くらいで症状が落ち着くのであれば問題はないですが、何日も症状が続いたり悪化するような場合は早い段階で病院を受診する必要があります。
また、他に症状がないか確認をすることも病気の判別に役立ちます。
他に気になるような症状がないかどうかもしっかり把握しておくようにします。
スポンサーリンク

右上腹部痛みチクチクする病気には、アルコール性肝炎や急性肝炎、胆のう炎や胆石症、肝臓がんや肝硬変などがあります。
アルコール性肝炎は疲れやすく痛みがある部位を押すと余計痛みが出るのが特徴で、急性肝炎は発熱とともに黄疸も見られます。
胆のう炎や胆石症は、発熱や黄疸の他に刺すような痛みや不眠などがあげられます。
肝臓がんや肝硬変はとにかく疲れやすいという特徴があります。
右上腹部の痛みのほとんどは、肝臓や胆のうなどの臓器と関係がある場合が多いです。
何日も症状が続いて改善されないような場合や、他にも症状が感じられる場合は早い段階で病院を受診します。
受診する科は、内科や胃腸科内科、消化器科などを受診するのが一般的です。
病気の場合でも、検査をして原因がわかれば早い段階で治療を行うことが出来れば症状はすぐに良くなることが多いです。
様子を見過ぎて治療が遅れると、その分回復にも時間がかかるため早めに病院を受診します。
以上、右上腹部痛みチクチクする原因と対策についてでした。

スポンサーリンク