腹痛 治し方 原因 対処法

右腹部と左腹部の痛みや鈍痛によっての原因となる疾患の見分け方

スポンサーリンク

今回は右腹部と左腹部の痛みや鈍痛によっての原因となる疾患の見分け方について話していこうと思います。

腹痛は筋肉、血管、泌尿器、消化器といった様々な器官の異常や変化で起こるとされています。
また心臓や肺といった非常に重要な臓器の疾患からも、腹痛は起こります。
軽度の腹痛はその内直ぐに治るだろうと、放置してしまう方が非常に多いのが特徴です。
痛みが軽度であっても長期間続くようであれば、重篤な疾患が隠れているケースも少なくありません。
そして腹痛は痛む、鈍痛が続く部位によって要因となっている疾患を、ある程度予想できるのも大きな特徴と言えます。
まず最も発生が多い「みぞおち」周辺の腹痛は急性胃炎、胃がん、十二指腸潰瘍、心筋梗塞などの疾患の可能性があります。
そして右腹部の「上部」が痛む場合には肝硬変や肝がん、胆嚢がんの可能性が高いとされています。
逆側の左腹部の「上部」が痛む場合には、急性膵炎、膵がん、胃炎、胃潰瘍が要因の可能性が高いとされています。
そして右腹部・左腹部の「下部」が痛む場合には大腸の疾患や尿管結石、女性の場合には卵巣腫瘍の可能性が高いとされています。
スポンサーリンク

右腹部、左腹部ともに上部と下部の中間あたりが痛む場合には「腎臓」の疾患が要因である可能性が高いとされています。
腎梗塞や腎癌、腎臓結石の発症が考えられます。
また尿管の疾患の可能性もありますので、腹痛に合わせて排尿に異常が見られたらすぐに泌尿器科で検査を行いましょう。
そして腹部全体が痛むという場合には、腸閉塞や急性腹膜炎、胸部大動脈瘤など非常に重篤な疾患の可能性が高いので注意が必要です。
右腹部・左腹部ともに「鈍痛」が長く続く場合には、特に疾患の可能性が高い為に、早期に医療機関での検査を行いましょう。
右腹部に鈍痛が続く場合は「肝臓」の疾患の可能性が高いとされています。
逆の左腹部に鈍痛が続き、さらに下痢となった場合には「大腸」が炎症しているケースが殆どとされています。
女性の生理中の、腹部の鈍痛においてはお腹全体を温めることで痛みが和らぐこともあります。
温めても効果がない、我慢できないほど痛む場合には、内科または婦人科を受診しましょう。
以上、右腹部と左腹部の痛みや鈍痛によっての原因となる疾患の見分け方についてでした。

スポンサーリンク
更新履歴